青い海、青い空、多国籍なオーストラリアで保育士をしてみたい!と思ったあなた。

 

日本で保育士をし、色んな年齢を受け持ち、知識や経験も積み、自分のクラスも担当してきて、だんだんと大きな行事も任されるようになり、だんだんと保育の仕事に自信がついてきた。

 

興味もいろいろと広がってきて。勉強もたくさんした。

 

そんな時に、ふと 目にした 保育留学の文字。

 

 

留学なんて自分には無理って思っていたけど、大好きな保育のお仕事をしに、ボランティアや体験をするだけで、きっとさらに自分の保育の視野や価値観は広がるんではないか。

 

子どもたちや同僚に保護者に還元できるんではないか。

 

 

もっと言えば、海外で住んでみたい。働いてみたい。

そう一度でも考えてみたことはありませんか?

 

はい!ぜひ来てみてください!

 

 

オーストラリアで働ける保育士の資格とは?

 

 

自然が豊かなオーストラリア。

人びとも日本に比べるとゆったりと構えているような気がします。

 

さて、そんなオーストラリアで日本の資格を使い保育士として働けるのか?

 

答えは、、、、、、、

 

残念ながら、 No です。

 

オーストラリアで働ける保育士の資格は、国際的に使える資格になります。

 

それに対して、私たち日本語で取った資格は、すぐにはオーストラリアの保育士資格として使うことができません。

 

そんなオーストラリアの保育士資格ですが、大きく分けて3つあります。

 

1つはアシスタントとして働く、Certificate lll。(サティフィケイト3,通称サート3と呼ばれています。)

 

2つ目は日本でいうと短大卒、専門卒と同じに当たるDiploma(ディプロマ)。

 

3つ目が日本でいう大学卒の資格、Bachelor (バチェラー。通称ECT Early Childcare Teacherと呼ばれています。)

 

日本では保育士資格は一つの種類ですが、オーストラリアの保育士の資格は、大きく分けて3種類になります。

 

詳しくは下記に記します。

 

☆Certificate lll in Early Childfood Care and Education

(主にアシスタントとしての仕事が主だが、園によってはクラスを持つこともできる。

園によっては、日誌を書いたりプログラムを書くこともあるが、基本はディプロマの先生がすることが多いので子どもと過ごしたり、おむつを替えたり、補佐の仕事が多い。)

 

 

☆Diploma in Early Childfood Care and Education

(クラスの担任、リーダーになったり、書類の責任が増える。) 

 

 

☆Bachelor of Early Childfood Care and Education birth 5

(オーストラリアは小学校へ行く前の一年をプレスクールと呼び、だいたい小学校の隣の敷地に日本でいう幼稚園のようなクラスがあり、日本でいう保育園と幼稚園で働ける。

小学校へ上がる前の年長さんを受け持つことができる。)

 

Certificate 3は、半年から一年くらい(学校によって違う。学校に通う、又はオンラインで学ぶ方法もある)でとれるので、まずはCert3を勉強して、出来たら、次のDiplomaを勉強するという過程を取る先生たちがたくさんいます。

 

また、オーストラリアには、Trainee(トレイニー)という勉強の方法があり、オーストラリアの永住権、又は市民権を持った人に限り、国がお金をサポートしてくれて、保育園でTrainee としてお金をもらって働きながら、勤務時間内に勉強する時間ももらえる夢のような制度があり、たくさんの人がその制度を使い、資格を取りながら仕事と両立をしています。

 

それを使い、まずはアシスタントから始めて、次にディプロマ、と、だんだんと資格を上げていくという先生たちが沢山います。

中にはディプロマが終わったら、更に次の資格を取る努力をしている先生もいます。

 

オーストラリアの保育士は、資格により給料が違うので、そこをモチベーションに頑張る人も多いと思います。

また、保育園側としても、1日中どの時も保育士の人数の50パーセントは、ディプロマ以上と決まっていることもあり、ディプロマ以上を求められることも増えているみたいです。

 

オーストラリアで保育士として働くためにはどんな勉強、資格が必要?

 

 

オーストラリアに来て、保育士として働きたいなぁという人たちの多くが、ワーキングホリデービザや学生ビザを取り、まずは語学学校で語学力を上げて、その後に資格を取る学校に行く、という形で頑張ってステップアップしています。

 

ですが、中には賢い方法をとり英語は日本で頑張って勉強し、学生ビザで保育士の資格を取り、働く時に初めてワーキングホリデーのビザを使ってフルに働く、という留学生もいました!

私は最初に述べた方法をとったので、お金もたくさんかかり、慣れない環境で苦手な英語を勉強しながら働いて生活するのは、本当に大変でした!

それに比べて彼女は、時間やかかるお金も最小限に抑え、自分の目的はしっかりと果たす。

なんて素晴らしい計画なんでしょう。

 

留学に大切なのは、いかに計画的にことを進めるか、ということを教わりました!

 

 

 

もちろん一番必要なのは、やる気、パッションがみなぎっているかどうかですね。

 

留学を決めた時、夢や希望に膨らみ、明るい未来が見えたあなたも、きっと準備の段階で心が折れそうになったり、寂しさがこみ上げたり、誰が言うことが気になったりと、諦めそうになる瞬間がきっとあると思います。

 

経験談としてこれだけは言えます。

 

自分で一歩を歩き出したら、必ず違う明日が見える。見たことない景色がそこにあるかもしれない。

 

誰がやってくれるわけではない。

これはあなたの人生です。

 

自分で決めて、自分で準備して、自分で歩き出すんです。

 

そうして手に入れた明日は、必ずあなたの強い自信になり、知識や技術となります。

 

見たことないところに行くのは誰でも怖いけれど、百聞は一見にしかず でした。

 

まずは行動あるのみです!

 

できることから始めてみましょう!

 

自社園を現地にもつ、ひよこグローバル、そして、夢を追いかけてオーストラリアにやってきて園長になった岸田ひとみが、いつでも相談にのりますよ!

 

オンリーワン保育留学

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA